2期・3期 Yuuum生の
皆さんへ

こんにちは!YUMIKAです。

毎週のレッスンにご参加いただきありがとうございます!

特にライブレッスンにご参加いただいた方は、

私の無茶振りにも耐えていただき、緊張感がありながらも、
本当にここまでよく継続されてきましたね。

これまでのYuuumのレッスンを通して、
「タイ語って面白いな、楽しかったな、タイ語の基礎が身についたな」と、
少しでも感じていただけていたら嬉しいです。

さて、今日は皆様へ向けてご報告があります!

タイ語を教える立場である私がこんなことをお伝えしたいいいのかは分かりませんが、

私なりのタイ語に対する考えをお伝えしたいので、
お時間ある際にお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①完璧主義者は語学習得から遠のく

個人的には、私たち外国人にとって、

「タイ語を完璧にマスターするぞ!」という気持ちは、

必要はないのかなと思っています。

というのも、そう考えると、
途端に語学学習に対するハードルが高くなってしまうと考えるからです。

特に日本人の私たちは昔から日本式義務教育にて、

とにかく文法を正しく正しく、テストで100点を取るように👩‍🏫と習ってきました。

だからこそ、細かなところまできっちりしっかり理解しないとダメだ🥲と、思いがちです。

でも、このような気持ちは、第二外国語を習得するにあたり、
言葉を話すことへのハードルをあげてしまう要因だし、むしろ逆効果です。

語学の本質を考えましょう。

語学はあくまでコミュニケーションツール。

単語をなんとかつなぎ合わせて、多少いびつな文章でも、自分の思いを伝えたり、

相手の言っていることを理解すようと試みることだと思っています。

きっと真面目すぎる日本人の私たちにとっては、

極論、意思疎通ができれば、

多少いびつでも、文法が間違っていても、いいじゃないか

文章の正確さは使い続けていれば、後からついてくる!

くらいがちょうど良いのかなと思います。

「まだ話せない、まだ話せない」という気持ちをお持ちの方は、そんな気持ちを一旦おいて、

ぜひ話してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

② タイ人の「アライナ??」は、歩み寄ってくれている証拠

皆さんはタイ人の方が、一生懸命日本語を話している姿をご覧になられたことがありますか?

私はタイの方に日本語を教えているので、

彼らが、外国人として、「ワタシノ〜ナマエガ〜ム〜デス ヨロシク〜オネガイ〜シマ〜ス」などと一生懸命話す姿を目にすることがよくあります。

もしあなたが、外国人にそんなことを言われたらどう感じますか?

「あ〜〜ちょっと文法間違ってるわ〜まだまだだわ〜〜」と感じますか?

きっと文法が多少違ったとしても、「すごい!話せるじゃん!」「きっとこんな風に言いたいんだよね!」と、理解してあげようとしますよね?

私たちがタイ語を話すときも、タイの人も同じように感じてくれています。

私たちの発音が多少聞き取りづらくても、文法が軽く間違っていても、

タイ人は理解しようと歩み寄ってきてくれます。

それこそ、タイ人の聞き返し方は「アライナ??」と強い口調で言われることはありますが、それは文化の違いであり、「あなたのちょっと聞き取りづらいタイ語を理解したいよ!」という気持ちの表れです。私も「アライナ??????」って聞き返されることなんてしょっちゅうです。

聞き返されたら、そんな時こそ、

「聞き返してくれてありがとう!」という気持ちで、臆さず、タイ語を話してみましょう。

私自身も含めて、タイ語はまだまだな未熟な部分が大きいのですが、

未熟でいいじゃないですか。
伸び代があっていいじゃないですか。

皆さんも、どうかいまのご自身の未完成な状態、道なかばな状態を楽しんで、
これからも学習を続けていただけたら幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③口で言ったことを行動に移せる人は5%以下

ここまで、皆様それぞれ、ご自身の生活でいろんなことがある中で、
自分なりに一生懸命タイ語学習を進めてこられましたね。

何かを挑戦したいと考えている人の中で

実際に行動に移せる人は、5%ほどと言われています。

そんな中、大きな一歩を踏み出し、

ここまで努力、そして継続してきた皆さんは、本当に立派です。

その時点でタイ語学習者上位1%には入っていると思います。

正直にお伝えすれば、

私自身も、コミュニティ立ち上げ当時、

「君なんかにタイ語を教える資格などない」

「どうせお客さんなんて集まらないよ」とたくさん中傷を受けました。

それでもこうやって皆さんがYuuumの門を叩いてくださり、

毎週熱心にレッスンを受けてくださったことは、

本当に涙が出るほど嬉しかったです。

お忙しい中でも、皆さんがついてきてくださったからこそ、私もここまで頑張れました。

だからどうか皆さんも、進み始めたこの一歩に誇りを持って、
今後もタイ語学習の歩みを止めないでいただきたいと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

④私から皆様へのプレゼント🎁

さて、今後のレッスンについて、私自身すごく悩んだのですが、

Slackを使ったYuuum運営は2月末で終了とさせていただきたいと思います!

突然のことで申し訳ありません。

主な理由と致しましては、「Slack使いづらい!!」というお声をたくさんいただいたからで、私自身も使っていく中でもっと良いプラットフォームは。
私の中でも皆様全員に納得のいくレッスンをご提供できないと感じたからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで私についてきてくださった皆さんにお渡しさせていただくプレゼントとして、

①レッスンアーカイブの永久無期限視聴権

②タイ語日記コンテンツの永久閲覧権

③slack内コンテンツに関する質問無制限

④slack外に関するタイ語語彙/文法に関する質問無制限

⑤オープンチャット(LINE)の参加権
3月の期間のみですが、無料のタイ語勉強会の開催や、生活で役立つタイ語コンテンツを投稿していきます!ぜひお気軽にご参加ください♪

以上5点をプレゼントさせていただきます。
ぜひ今後のタイ語学習や復習にお役立てください。

また、ご希望の方のみ、マンツーマンレッスンの回数券のご案内もさせていただきますので、お日にちも合わせてお気軽にご相談ください。

ーーーーーーーーーー

⑤最後に

繰り返しにはなりますが、

語学は、コミュニケーションツール。

コミュニケーションが取れれば、多少間違っててもマイペンライです。

下手でもいいから、話してみる。

間違ってもいいから、伝えようとしてみる。

それで120点満点ですし、

この先もこの考え方を忘れないでいただきたいなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

これから先も、Yuuumに関わってくださったお一人ひとりが、

それぞれ個々の生活に合わせた「使えるタイ語」を身につけれられるよう、
切に願っています。

いつか、Yuuumで学習してきたことが、

タイ人のご友人と話すための材料として、

自分の日常を伝える手段として、

何より自分に自信をつける材料として、

お役立ちできれば嬉しいです。

皆様との出会いに心から感謝しています☺️

それでは、ラスト1回のグループレッスン、楽しんでいきましょう!

YUMIKA 2022/2/15