タイでのデリバリーはUberではなくGrabが主流。

タイってウーバーあるの?と日本の友人に聞かれるのですが、ウーバーではなく、別のサービス名のGrabfoodというものがあります。他にもフードパンダというものもありますが、Grabfoodが最大手です。日本のウーバーとの違いは、宅配員さんがロビーまでしか入れない(玄関の目の前までは届けてくれない)ことでしょうか。日本人が住んでいるようなセキュリティのしっかりしたコンドミニアムでは、基本的には宅配員さんがエレベーターに乗ることはなく、自分たちがロビーへ降りることで商品を受け取ることになると思います。なので多少手間ですね🥲

話は逸れましたが、今日はタイに来て初めてすき家の牛丼+温玉を注文しました😌並み盛り送料込みで114B(400円)です。

Grabfood、コロナ期間に上手に使っていきたいです。

この記事を書いた人

yumika

タイと日本を繋ぐビジネスの架け橋に

こんにちは!タイ在住のYumikaです。
熊本生まれタイ育ち。純日本人。
2020年10月に幼少期住んでいたタイへ移住。
タイ語学習するコミュニティYuuumを運営しています!
ブログではリアルなタイ暮らしの様子を日々更新していきます!