【人生初体験】タイで3日間入院してみて感じたこと

タイに来て11ヶ月。

これまでの人生の中で、骨一本折ったことがないほど、病院とはご縁のない私が、この度急性胃腸炎で入院しました。

3日間の療養を経て、本日晴れて退院することになりましたので、簡単ではありますが、日記のような感じで、ゆるく今の率直な気持ちを残しておこうと思います。

病気になって改めて感じたことは、「心身の健康が生活の全てだなあ」ということです。

毎日の生活の中で、健康体でいることが当たり前だったので、久しぶりに病院のベットの上で過ごす1時間は、普段何気なく過ごす1時間よりも120倍長くながーく感じました。

今まで10ヶ月間、タイで何事もなく健康に過ごせていたことを改めて感謝するとともに、二度目の入院生活を経験することがないよう、いま以上に食事と睡眠、運動への意識を見直そうと思いました。

もう1つ感じたことは、「タイの医療施設は日本に負けず素晴らしかった」ということです。

異国での入院は初めてでしたが、専門医と看護師さんの24時間サポートのおかげで、不安な気持ちを感じることなく、安心して3日間を過ごすことができました。日本語が話せる通訳の方もいらっしゃるので、難しい医療用語なども丁寧にご説明いただき、非常に心強かったです。

改めて、自己管理の甘さを反省しつつ、タイの医療機関への感謝や普段健康であることの有り難みを痛感する3日間となりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では最後に、溜めていたタイ語日記を載せて終わりたいと思います。

8/11 วันนี้มีไข้และปวดท้อง ได้รับหยุดน้ำเกลือแล้ว

8/12 วิวจากโรงพยาบาลก็สวยนะ

入院食。野菜スープ↓

完治したらお寿司が食べたいな。。

8/13 ออกจากโรงพยาบาลแล้ว
อยากกินอยากกินซูชิ555+ #タイ語日記

この記事を書いた人

yumika

タイと日本を繋ぐビジネスの架け橋に

こんにちは!タイ在住のYumikaです。
熊本生まれタイ育ち。純日本人。
2020年10月に幼少期住んでいたタイへ移住。
タイ語学習するコミュニティYuuumを運営しています!
ブログではリアルなタイ暮らしの様子を日々更新していきます!